FullSizeRender
久しぶりにメスイキネタを…

どこからがメスイキなのか
ということなんだけど

M性感などでのメスイキは
私の中ではメスイキのスタートラインでしかなくて

よく女性は愛撫が重要と言われますよね
愛撫をすることでペニスを受け入れる準備ができる
愛撫無しの挿入は苦痛でしかないんです
愛撫によって最初のオーガズムを迎え
挿入が気持ち良くなるんです
幸せホルモンのセロトニンが分泌されている状態です

それは男性でも同じで
愛撫が無いアナルプレイは苦痛でしかないのです
ただ痛いだけ…
メスイキの多幸感とは
アナルにペニスを入れるための準備であって
確かにメスイキというものとしてはゴールだけど
男性の普段のオーガズムと比べると分かりづらいもの
だからこそ
メスイキ師としてはその先のオーガズムをいかに経験して頂けるようにするかが課題なんですよね


その先の分かりやすいオーガズムとは
ドライやトコロテンなんだけど
その2つはメスイキ状態じゃなければ到達できない領域なんです
なおかつ
セロトニンが分泌されている状態で興奮ホルモンであるドーパミンを分泌する状態に切り替えなければいけない
それはテクニックだけではできないプレイでもあるんです
その切り替えスイッチを入れることができるのが今求められているメスイキ師だと思うんですよね

アナルでイク経験
それを全ての方に経験して頂きたい
最高のオーガズムを迎えることは簡単ではないけども
私ならそのオーガズムを経験させて差し上げられます

羞恥プレイや複数プレイ
人に見られている背徳感
お好きな方もいらっしゃると思います


私はどちらかというと
そういったプレイが好きです
好きになったが正解かもしれません

私が20代前半のお話
ある人(A)に誘われてAのお家へ
着くとその人とは別に4人の男女
構成としては私、女性1人、男性4人
最初は宅飲みだと思ってたんですけど
男女が絡み始めて
そしてAと私の絡みが始まりました

Aや他の男性のペニスを咥えたり
咥えたままアナルに入れられたり
入れられたまま女性とディープキスをしたり
他にも色々したんだけど
途中で頭の中が真っ白になって憶えていないんです

完全な非日常性に
1対1のプレイよりも興奮したんですよね

またしたいかと聞かれれば
またしたいけど
機会が無いですね

今年も暑いですね…
とくにこの数年はマスクをしなければいけない状況になって
余計に暑さを感じます

あの病気がどうとかは言及しないけど
何となく
アンニュイで億劫な日々をお過ごしの皆さまに
暑中のご挨拶申し上げます


今日も電車での移動IMG_20220803_122334
川崎駅を降りると
雲一つ無い晴天
こんな日は
暑気払いを兼ねて
涼しいお部屋で情事に更けてみるのはいかがでしょうか

お問い合わせお待ちしております
最高のオーガズムを貴方に…

↑このページのトップヘ